メニュー
商品7/8
  • 変性エポキシ接着剤 3069 Voice(ボイス)

変性エポキシ接着剤 3069 Voice(ボイス)

チューブから必要な分だけ出して使えるから無駄がありません。
対応素材はPP・ウレタン・ポリウレタン・FRP・カーボン・ABS・PC・RBT・PA等、幅広く利用出来ます。

混合比率は主剤:硬化剤=1:1

種類は次の3種類があります。
ワークタイム5分の黒・グレー。
(3069VOICE・ブラック/VB-P、3069VOICE・グレー/VG-P)
夏季用ワークタイム10分の黒。
(3069VOICE・スロー/VS-P)

セット内容
主剤100g 硬化剤100g ディーププライマー 80cc

プライマーはPP・ウレタン・ポリウレタン・FRP等耐溶剤性に優れた樹脂に接着前の下処理として塗布して下さい。

材質
変形エポキシ樹脂
配合費
1:1 / 主剤:硬化剤
耐熱
-20℃〜90℃
硬化時間
5〜15分/ 25℃
適応材料
PP・ウレタン・ポリウレタン
FRP・カーボン・ABS
PC・RBT・PA・その他
本体色
黒色・グレーの2種類
保存
1年〜1年半(25℃以下)

使用方法

3069 Voice(ボイス)

1.サンディング・脱脂
補修箇所の破損傷がひどい場合は、まず(180〜240#で)サンディングを 行ってください。
アセトン、シリコンオフ等で3回以上脱脂を行ってください。
(樹脂によってはアセトンは溶けます。)

2.プライマー処理
アセトン・シンナーなどで溶けないプラスチック、樹脂パーツは接着前に DeepPrimerを塗布しプライマー処理をしてください。(30秒で乾燥)

3.VOICEの主剤混合
VOICEの主剤:硬化剤を1:1の割合で混合し(念入りに混合してください)

3069 Voice(ボイス)

4.補修箇所に塗布
補修箇所に塗布してください。
(ワークタイム5分の黒・グレーと夏季用ワークタイム10分の黒3タイプがあります。)

5.塗布後に加熱(冬季)
反応硬化後、反応熱がなくなりベト付きがとれれば取り付け、サンディングに入れます (目安は30分〜1時間)

変性エポキシ接着剤 3069 Voice(ボイス)

  • メーカー: テクニカルアロイ商事

11,664円(税込価格)

現在のレビュー: 0

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。